So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

劇場という船で漕ぎいでる。 [日々]

3月5日、ニーナ・アナニアシヴィリ&グルジア国立バレエ(東京文化会館)行ってきました!

私は正直、バレエは造詣が深くなくて、美しいとは思うけど傾倒するほど興味がありませんでした。
NHK 「プロフェッショナル 仕事の流儀」の岩田守弘さんの回を偶然観て(ほんと国営放送好きだな…)どえらい感動してから、私のなかに「岩田守弘というバレエダンサー」という引き出しができました。

今回、岩田さんが来日すると聞いて「これは行かなくては!」と。

東京文化会館に入って階段を上りながら、すでに管弦の音だしが聞こえてきて胸がドキドキ。
楽器の「始まりの音」を聞くと条件反射で胸が高鳴る。
まあもちろんお金ないから3階席なんですけども。でもここはオーケストラピッドが見えるんです!

余談だけど。大きな劇場、とくにクラシックホールがだいすきです。住みたい。
東京文化会館は5階席まであります。客電が落ちると、各階の張り出しが白く浮かび上がって舟のようでした。
先日日本にも来航したクイーン・メリー2みたいだ、と目を凝らしてから、光が増す方向へ振り向くと幕が上がって開演。そこからは釘付け。


演目は「ロミオとジュリエット
岩田さんはロミオの友人、マキューシオ役でした。

(他のダンサーと並んだときの比較もあるんだけど)岩田さんは体格が小さいです。
でも踊っている間、からだのスケールを感じさせませんでした。
マキューシオのちょっとコミカルな動き、でも殺される場面での迫真の演技は際立っていて、まさに釘付け。

外国人初のボリショイ劇場のソリスト。
強い意志とモチベーションの維持がないとやっていけないとは思うんですが。
私は岩田さんのブログがすきです。
ほんわりと素朴なことばですが、人柄を感じてすきなんです。同時に胸があたたかくなるような勇気をもらいます。
易しいことばで魅了する。それは複雑な慣用句や、作り込んだ言い回しを使うよりも難しいことで、個人の根底にある魅力と素養がないとできないことだと思います。
「怠けてしまってダメだね」「がんばった!」「踊りたい!」って、マイナスなところもプラスなところも隠さないのは、全身全霊だから。何よりも自分に対して臆することないからじゃないのかな。

岩田さんがステージに登場するたびに、こぶしをぎゅっと握るようなかんじでした。笑。
でも想像どおり、そして期待以上に素敵でした。ほんとうに素敵でした!


バレエに関して云えば、
衣装の色づかい、音楽と演舞の表現、バレエが総合芸術と云われる意味が「そうか、そうなのか!」と観ながら体感するところが大きかったです。
今まで、ロミオとジュリエットは楽曲単体でしか聴いていませんでした。バレエ音楽はオーケストラで聴くほうが私にとってはメジャーだったんです。
弟2幕 騎士たちの踊りで、あの旋律がこんなふうに演じられるんだ!って思いました。かっこいい!って。

もちろん、ニーナ・アナニアシヴィリのジュリエットは可憐で、美しかった!
日本はニーナのファンが多いと聞くけど、ほんとうに愛されているんだなって思いました。
でも愛されている理由は、ニーナのあたたかさ、それが会場を包んでいるだって感じる公演でした。


なんだか悠々と心が膨らむようでした。
美しいものを見なければいけないね。

会場を出ると、水分が多い春の宵の空気。
桜が咲いていないのがちょっとおかしいような暖かさで。
目の前が上野駅だというのに、気持ちが駆けて収まらないので御徒町駅まで歩きました!無駄パワー。

共通テーマ:日記・雑感

" SPOT " [日々]

モノづくりのことがよくわからなくなるときがあって。
自分の器官のどこかが動いていないようで、ここが動かないと芯からは何もできないのといっしょだし、おもしろみがない。
手順やセオリーや約束、禁止項。それは経験上いくらか知ってる。でもぜんぶ机上のこと。
手を動かしても結局、自分の知っている「たのしさ」を追憶しているだけの作業のように思えて、ぼんやりとしていました。
そうなってしまった理由もなんとなくわかっていました。心が揺れないように、そう努めてきたからです。


NHKの「笑劇開演 小林賢太郎テレビ」という番組の放映を、分析や評価のための目ではなく、おもしろさに対しての直情的な目で観ました。
心が動いた感触が、随分久しぶりだけど確実に知っているもので、灯りが点ったような気持ちでした。
つくることの楽しさを、見せてくれた。

自分を駆りたてる鍵。
小林さんを観たとき、空が青いことなんか知っていると、家の中で眠っていたら、新しい空が墜ちて来たような心持ちだったんです。

いつか、目の前で観たいと、思っていました。



2月19日。小林賢太郎さんの公演を観に、横浜BLITZいってきました。

この公演で、ナマの小林賢太郎さんを観るのは初めてだったけど『敬愛するひとを見る』ってこんなかんじだったかも、って思いました。
ステージにあがった姿を観て胸がぎゅっとなりました。

華美ではないけど、上質で上等なからくり箱みたいでした。
この空間のなかでFIXする。ここだけの世界。
それは私がとてもすきなものでした。

最後のセリフが綺麗で、涙が出ました。
泣かせるセリフで泣くのは、自分でも合点がいくんだけど、
自分がどうして泣くのかわからない時は、その感覚を覚えておこうと思います。
作品として、お話として、映像として、計算された意匠で、震えたんだろうと思います。



つくるちからを信じる。
意匠のちからを信じる。
計算をするのも、企むのも、かたちをつくるのも、魔法をかけるのも、
根源は人間の衝動、心の色彩の豊かさだと思うんです。

自分の心が弾まなければ動かないのもよくわかる。
自分の感受性も整形できない脆いこどものままではいたくないし、ひとが云う言葉に「そんなことはわかってる」って返す大人にはなりたくない。
だけど、やわらかい状態でいたいです。

共通テーマ:日記・雑感

飴とガムと鞭。 [日々]

TSUTAYAに返却した後に「レンタルバッグに飴とガムが入ったままですよ」って連絡きた…orz
「次にお見えになるまでお預かりしておきますね」って…o...rz

海に捨ててーーーー

よりによって飴とガム…っていうかたぶん駄菓子…おそらく「超・怖い話ガム」…
ほんとに海に捨ててほしい。


今年も竜宮城に行っていました!1月の音沙汰がない!うわああ。
昨年の二の舞にはなりたくないです…。


Web屋の友人と話していて、「数年前と比べて、現在の個人サイトの意味ってなんだろう?」って話になりました。
(ここで云っているのは私のような個人も個人、超私的なサイトのことです。)

いまはWeb上でなにかやろうとしたとき、自分でhtmlとかxhtmlとかCSSとかCGIなんて知らなくてもなんとかなる。
blogやらSNSやら画像共有やらサービスが充実してるから。
中身を入れるための「器」はかなりのクォリティのものが用意されてる。
ぶっちゃけblogをポータルにして、外部にリンクをはったほうが効率がよかったりする。

個人サイトを持つことのメリットてなんだろう?
ドメイン取得して、サイト構造つくって、コンテンツをつくって…自分でWebサイトを「立ち上げる」。
名前どおり「ホーム」を持つことなんでしょか?

そういうのって今では「美徳」「美学」に近いものがあって。
スマートなのかそうでないのかって云ったら、おそらく違う。現在の提供可能なサービスの豊富さから云ったら、効率は悪いです。


「もっと早く、もっと速く、」と思っている。
Webはスピードがないと意味がない。
でもそれは「人間的なスピードなの?」って疑問に思うときもある。
利便だけを追求し続けているけど、果たしてそれは人間に見合った速度なのか。わからない。
私はそろそろ息があがってきている気がするんだけど。
コンピュータの処理速度は、この先もっとあがると思う。
でも、日常の速度ってそんなに速かったっけ?
昔はもっと時間をかけてやってきたことを、半分以下の時間でこなす。
空いた時間で、なにがしたいんだっけ?

私が前時代的で保守的なのかも。


ああ、話がそれたけど。

個人サイト(を構築すること)のメリット。
SNSやpixivのようなコミュニケーションサービスは間借りに近い。blogは筆記具だと思ってます。
個人サイトは私の感覚では、自分で確保した「領域」です。
この領域で建てる。「家」というより…「基地」や「城」に近いような。
それはやっぱり、いまとなっては美学に近い気がする。
良いも悪いもない。


あっ。
また話がまわりくどくなったけど、
というよりも前フリでぜんぜん話の主体が掴めてないけど、

うちの本陣はサムネイルギャラリーにして、pixivに移行してもいいのかも?

って思ってるところです。
IDはかなり前から取得してるんですが。使えてない。
サイトとの住み分けが必要だろうなとは思ってる。

共通テーマ:日記・雑感

UPDATE ( Dec. 22, 2009 )  [HELLO ENDEAVOUR]

pict更新。 :「 LOVE? 」
-----


20091222.jpg


がーっと鉛筆描きで何枚か描いて、使えそうなものに色つけてますが、
今日の更新も昨日と根本的なネタはいっしょです。フヒヒ。
なんだかんだ云って人間の表情を描くのがいちばんすきです。
線画の段階では基本的な線しか引きませんが、色をのせていくうちに陰影が出て、笑ってくる、泣いてくる、っていう経過がいちばん楽しいです。
だいたい線画のときとはちがう顔になります。

いろいろと他のドローツール、ペイントツールを試して、描き方も変わったりなんだりしてみましたが、昨日今日の画像では昔の描きかたに戻しました。

鉛筆下書き→主線トレース(鉛筆)→スキャンしてPhotoshop着彩・色彩補正

です。

やっぱり手順が慣れてると速いというか。
頓挫するよりは仕上げたほうがいいと今は思うので。
・・・甘んじて怠けてもいけないんですけど・・・
新しいツールも使って行きたいなー。


上の画像は、ボツ稿。
線画までやってみたけど、どんどん好みじゃない顔になってきたんでやめました。
よくあることです。

共通テーマ:日記・雑感

UPDATE ( Dec. 21, 2009 )  [HELLO ENDEAVOUR]

pict更新。 :「 9 to 22 」
-----

20091221.gif


クリスマスっぽいなにかを、を思って更新。
一応季節の移ろいは知っているのです。
しかし赤いだけです。


男の子のモデルはいるんですが、詳細はあえてのスルー。
ずっとすきな歌手でありダンサーです。
成長過程をうかがうかのごとく、ぬるーく見守っていますが、
素敵な大人になったなあ、と思います。

「踊る」画は、また描きたいなあ・・・と希望的観測

共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。