So-net無料ブログ作成
検索選択

飴とガムと鞭。 [日々]

TSUTAYAに返却した後に「レンタルバッグに飴とガムが入ったままですよ」って連絡きた…orz
「次にお見えになるまでお預かりしておきますね」って…o...rz

海に捨ててーーーー

よりによって飴とガム…っていうかたぶん駄菓子…おそらく「超・怖い話ガム」…
ほんとに海に捨ててほしい。


今年も竜宮城に行っていました!1月の音沙汰がない!うわああ。
昨年の二の舞にはなりたくないです…。


Web屋の友人と話していて、「数年前と比べて、現在の個人サイトの意味ってなんだろう?」って話になりました。
(ここで云っているのは私のような個人も個人、超私的なサイトのことです。)

いまはWeb上でなにかやろうとしたとき、自分でhtmlとかxhtmlとかCSSとかCGIなんて知らなくてもなんとかなる。
blogやらSNSやら画像共有やらサービスが充実してるから。
中身を入れるための「器」はかなりのクォリティのものが用意されてる。
ぶっちゃけblogをポータルにして、外部にリンクをはったほうが効率がよかったりする。

個人サイトを持つことのメリットてなんだろう?
ドメイン取得して、サイト構造つくって、コンテンツをつくって…自分でWebサイトを「立ち上げる」。
名前どおり「ホーム」を持つことなんでしょか?

そういうのって今では「美徳」「美学」に近いものがあって。
スマートなのかそうでないのかって云ったら、おそらく違う。現在の提供可能なサービスの豊富さから云ったら、効率は悪いです。


「もっと早く、もっと速く、」と思っている。
Webはスピードがないと意味がない。
でもそれは「人間的なスピードなの?」って疑問に思うときもある。
利便だけを追求し続けているけど、果たしてそれは人間に見合った速度なのか。わからない。
私はそろそろ息があがってきている気がするんだけど。
コンピュータの処理速度は、この先もっとあがると思う。
でも、日常の速度ってそんなに速かったっけ?
昔はもっと時間をかけてやってきたことを、半分以下の時間でこなす。
空いた時間で、なにがしたいんだっけ?

私が前時代的で保守的なのかも。


ああ、話がそれたけど。

個人サイト(を構築すること)のメリット。
SNSやpixivのようなコミュニケーションサービスは間借りに近い。blogは筆記具だと思ってます。
個人サイトは私の感覚では、自分で確保した「領域」です。
この領域で建てる。「家」というより…「基地」や「城」に近いような。
それはやっぱり、いまとなっては美学に近い気がする。
良いも悪いもない。


あっ。
また話がまわりくどくなったけど、
というよりも前フリでぜんぜん話の主体が掴めてないけど、

うちの本陣はサムネイルギャラリーにして、pixivに移行してもいいのかも?

って思ってるところです。
IDはかなり前から取得してるんですが。使えてない。
サイトとの住み分けが必要だろうなとは思ってる。

共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。