So-net無料ブログ作成

バイバイ2008年。 [日々]

Image860.jpgぼやぼやしてるとすぐに後ろに遠ざかってしまう景色。


土地勘がない場所でのいちばんの頼り処。それはタクシー。

どの車に乗ってもすごく親切にしていただきました。
好感度あがりました。


悔いがないと云えば嘘になるけど、悔いがない人生なんてないんじゃないかと思う。

思い通りにいくことのほうが確実に少ないんだもの。

なにができたか、を数えて。カウントダウン。

ゼロになったらイチ!

れっぼりゅーしょーん! [らくがき]

utena.jpgえー。ご覧のとおり。途中。

ラフ程度と思って始めたらハマってしまい、しかし所詮計画性もなく資料もなく始めたので、

・・・終わらなくなった。

色彩調整も効果も修正もしておらず。てゆか途中なので仕上げもなにもない。
ネタとして投下。



少女革命ウテナのTVシリーズ全39話。観ました。・・・何時間観てたんだろう。
力尽きて劇場版はかいつまんでしか観られませんでした。流してはいたんですが、席をはずしたりしてて。歯をみがいたりね。
隣が脱落した時点で「もう・・・ねよう・・・」と思いました。

なぜいまウテナかといえば、
そこにあったからです。
そして私が「観たい」と所望しました。ありがとうございます。


ウテナは過去に数話観たけど、通して観たことはなかったんです。
なんか記憶のイメージとかなり違う。


すごくいい。


終盤に向けてカオスでしたが、黒薔薇編はとくにいい。

「エ●ァより一般的な認知度が低いのがやるせないっす」

と、観終わってから云った。
私もそう思います。

大人になってから観たほうがいいって。


「んなっはぁ!(言葉にならない。)」
くらいしか毎回見終わるごとに感想云ってないけど、わかりあえるからいい。

んなはぁ、です。


でもわかんないとこ、たくさんある。
比喩とか暗喩やら。

「はい先生、いまわからん。」

何度も挙手した。
こんなかんじかな?って思うところもあるし、気づいてないものもたくさんあるんだろうな。

もう一周くらい観たいけど。
39話をもういっかい・・・か・・・。座ってるのもつらいんだな。

れっぼりゅーしょーん!

って何回聴いたんだ。すきだからいいですけど。



いっそーのこと、フィアンセになりたい。

ミッチーは、確かにこのときは、王子だった。
私は精神科医Mがすきです。

頭のなかは密室。 [日々]

「もやしもんの最新刊買っていくけど、特装版と通常版どっちがいい?」
とメールが来たので、「蛍!」と答えました。

Image848.jpgnanoブロックオリゼー!

むずかしかった・・・。

そしてどうやら一箇所間違えてる。
菌糸の部分を最後に組んだら、ブロックがふたつ足らない。間違えた部分はだいたいわかるけど(あやふやで進めた箇所。)やり直すには頭を半分割らないといけない。

ごまかして「できたー!」と云うことにした。
バレなかった。

漫画読まずに1時間くらいブロック組んでました。

上野の科博にも行きたいなー。




にしても、今日は集中力がなかった。
技術的に上手くできないにしても、集中してないときのミスは「ほ、ん、と、う、にダメだ!」って思う。ヘコむ。
不真面目なわけではなく、集中力が途切れるときは、どうやってもダメね。

まわりの音が聞こえなくなるほどののめりこみかたは、集中とはいわない。熱中。
これは私、よくやる。
興味を示して、ひとつのことに焦点をあてると、ふたつみっつ以上を抹消してしまう。
とくに「音」は、スイッチのオン/オフが顕著だな、と思います。

「集中」は。
オーケストラのチューニングに似てる。
チューナーのひとつの楽器の音から、各パート、各セクション、そして全体へとピッチが合っていくのに似てる。

音量は膨らんで、音色の違った楽器が重なっていくけど、すごく静か。
透明になるような、澄んでいくようなかんじ。

ピッチが合っていると、フォルテッシモでも、静か。

これはだいじなこと。
自分の感覚として、気をつけていなければならないこと。

変拍子。・・・1・・・1・・・・・3! [日々]

年内のジョブステータスがほぼ「実行待ち」になりました。

駆け抜けるぞ。
2008年振り切るぞ。
置いてっちゃうぞー。



鋼殻のレギオスがアニメ化。

ってとこに向かって、私のここ数年のフラグが集束する・・・シナリオらしい。

そうだったのか!?

レギオスは・・・OP&EDの楽曲が、小林いちばんの注目。

とくにED。

謎すぎて。

でもベース、イチ押しですから。


で。
このバンド、どう動いていくのかなあ・・・、
っていうかそもそもプロモーションをかけるのかどうか、

なあ?

って。首を傾げてます。



なんとなくやりすごしているけど、まずケータイ直したほうがいい気がする・・・。
メール文中の誤記・・・やらかし始めました。
だって液晶の15%が「ニュアンス読解」なんだもの。
「てにをは」はまだいいんだけど、時間と日付を間違えるのはいかんですよな。

文字設定を「最小(デフォルト)⇔大」で行き来しながらメール読むようになりました。

遠近両用眼鏡みたいに。


サンタさん。欲しいのは「クリアなフォント」です。

ヒュードロ。 [日々]

Image055.jpg宴怪でした。

吉祥寺にあります、居酒屋「遊麗」。

コンセプトは、墓場。
渋谷系、アキバ系ときて、今や墓場系です。山手線内を越えた。


キリシタン、大正、昭和、宇宙、メイド、執事などなど。
私、こういう企画が前のめりな店が大好きで。
ヤラレタナー感があります。
それにも増して「よく事業にするまでに決断したな」と。

英断。
俺ニーズは皆ニーズ。



暗くてよく見えない。

これがいちばんのポイント。
インパクトはあるけど、あんまりディティールを覚えてない。
もっと云えば、なにを食べているのかよくわからない。
ブラックライトで鰹ダシのおつゆが抹茶色に見える。

そんな世界。

見えそうで見えない・・・てゆか見えない。


念写とか、流行ったらいいと思います。
「僕が念写した月の裏側。」とか、夏休みの自由研究で提出すればいいと思います。


スペアリブがおすすめです。派手に行きます。
ロシアンナニカ(あれはなんだったんだろう・・・揚げちくわ?)は、場の空気的にみごと私が当たりました。
大団円。

へたなメイドカフェよりは学祭っぽくなくて(暗いからですか?)楽しかった、とウルフ(5?歳)からのコメント。

ですが。あなたがいちばん素人離れしています、とずっと思っていました。

颯爽とダブルスーツ。

「黒い男だ!」と思いました。
「消される!」と。



南無ソーリー。(チーン。)

「そう云われましても仕様ですから。」(!) [日々]

Image072.jpg自習の日。

於、図書館。
ネットで蔵書の検索かけてから行けばよかったのかもしれない。
目当ての本が見つけられず。

税金…の数字を思い起こしてやめました。
市区町村によって公共施設や福祉保険のサービスに違いがあること…は、住んでしまうと実はあまりよく知らない。

でも新設した図書館(分室)なので、きれい。
図書館はすきです。

「こんなにたくさんの書物が、いま、ここにあるというのに、これは私のものではない!」っていう緊張感が、図書館はいいのだと思います。

書棚が整然と並んでいる景色を見ていると、

ほらね。この本の数、それ以上にたくさん、自分の識らないことがある。

そう思います。
途方に暮れるなあ、と思いつつ、心のどこかが静かになります。
未だ知らない、という焦燥。
未だ知らないでいる、という安堵。
少し愚かな気持ちだと思いますが、たぶん、人としては正直だと思います。



太くなった。
確実に。決定的に。

某店の服を試着していて「これは間違いない」(脳内CV:児玉清)と思った。

筋トレしてるんですが。
堅太りするタイプだった。そうだった。

できる、筋肉。残る、脂肪。
ニバイニバイ!

タートルネックの半袖ニット(黒)はしばらくやめよう。
このコントラストと視線誘導は…人間工学的に危険だと判断。

新宿は宵闇のなかで。 [日々]

Image057.jpg3分で決断せよ、
という本の見出しを見ました。

3分クッキングもままならない私には相当酷な内容だと思いました。

寝る間際の3分で、
寝付きの悪い私の、この無駄な時間で、

ぶろぐを書いてみようじゃないか、

という有効利用。




ありがとう、コマ。

新宿コマ劇場がなくなるなんて、思いもしなかった。
でもここ数年を振り返ってみても、クローズした老舗のハコがいくつもある。
「閉じる」ということ、それ自体より、それを決断した瞬間こそ、それを答えとする思いこそが、大きいんだと思います。


コマが閉じると聞いてはいたけど、まさかこんなに早いとは思わなくて撮りました。
実際に用があったのは、その脇、ロフトプラスワンです。

妖・怪談義 16夜でした。
オールナイト。

自分、まだまだ薄いな・・・と思いました。
ペラッペラだな、と。

だってキャラ立ってないもの。


内容というか空気が濃くて、時間というより時空を超えた気がした。遥かなる。

若い頃の「疲労」は、疲れが元気を打ち負かすようなやり方で、潔ささえ感じましたが、
最近は「疲労」もよくやったもので、

疲れが元気を騙している。

元気は、元気なんだと騙されながら、おだてられながら元気なのです。
疲れはそれをニヤニヤしながら見ている。
そうして疲れは、最後の最後に足払いで一本勝ちをする。

そのように思えてなりません。


オールナイトとか、その時点ではすごく元気。
眠くもならないし、けっこう平気。

まだまだ行けそう、

と思いますが、それはそれ。
私も騙されてばかりではいけませんから、

オートセーブモード。

お開き、するわけです。



花園神社に行きたかった。
酉の市。

キラッ-☆ [日々]

Image069.jpg違う、違う、そうじゃなーいー、

使いまわしじゃないんです。

今シーズン2回目のTDL!
そして久々でしたTDS!
つまりTDR2デイズ!


・・・涙なしには語れない・・・!


何ががあったのかどうかは別途。
とりあえず幹事はたいへんだよぬ、と。


「必要以上に浮かれてるネ!」

って、云われる前に自分で云ってしまう自分がとても小心者だと思います。

でも、

最後の、

夜だからー。



マーメイドラグーンシアターって、何度観ても泣いてしまうんです。
これと「耳をすませば」で泣けなくなったら「俺思春期」は終焉すると思います。

ずっと涙が枯れなければいい。

せばすてぁぅぇぁお



ああ、これはぶろぐに書いておかねばな。
と思うたびに「後でまとめよう。」ってのが積もり積もって、ひとつの記事が長すぎるという悪循環。

おまえはブロガーなんて一生なれないだろう。

リアルタイムってなんだ。

時系列、どんどん壊れてます。




えー。さて。直近の散財。
ニュゥシューズ。
ダンスシューズです。
ラテン用はすんなり決まったんですけど、スタンダード用がなかなか決められず。

「若いんだから高めのヒールがいいのよ」
「足の指全部で床を掴める靴を選びなさい」

どんどん出て来るシューズを履いてはウォーク、脱いでは履いてウォーク。

・・・わからなくなってきました。
「どんどん履き潰して、また来くればいいんだよー」と店の御主人。

はい。

靴は、ダンスシューズじゃなくてもほんとうに難しい。
革靴も、休ませながらしばらく履いて足の形にあうまでが。(ずっと合わないのもありますが・・・)
「歩けない靴は靴じゃない」と思う。(ピンヒールとかエスコートを必要とするような靴はまぁ・・・別として・・・)



年末に向けて一芸を習得しようかな。
星間飛行とタッキー&翼の完フリコピーとか、やったら。
・・・・・・なんの役に立つっていうんですかね・・・。


前を向いて行きましょう。
せめて、前だと思える方向に向かって行こう。

まだまだ師走は終わんない。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。