So-net無料ブログ作成
検索選択

劇場という船で漕ぎいでる。 [日々]

3月5日、ニーナ・アナニアシヴィリ&グルジア国立バレエ(東京文化会館)行ってきました!

私は正直、バレエは造詣が深くなくて、美しいとは思うけど傾倒するほど興味がありませんでした。
NHK 「プロフェッショナル 仕事の流儀」の岩田守弘さんの回を偶然観て(ほんと国営放送好きだな…)どえらい感動してから、私のなかに「岩田守弘というバレエダンサー」という引き出しができました。

今回、岩田さんが来日すると聞いて「これは行かなくては!」と。

東京文化会館に入って階段を上りながら、すでに管弦の音だしが聞こえてきて胸がドキドキ。
楽器の「始まりの音」を聞くと条件反射で胸が高鳴る。
まあもちろんお金ないから3階席なんですけども。でもここはオーケストラピッドが見えるんです!

余談だけど。大きな劇場、とくにクラシックホールがだいすきです。住みたい。
東京文化会館は5階席まであります。客電が落ちると、各階の張り出しが白く浮かび上がって舟のようでした。
先日日本にも来航したクイーン・メリー2みたいだ、と目を凝らしてから、光が増す方向へ振り向くと幕が上がって開演。そこからは釘付け。


演目は「ロミオとジュリエット
岩田さんはロミオの友人、マキューシオ役でした。

(他のダンサーと並んだときの比較もあるんだけど)岩田さんは体格が小さいです。
でも踊っている間、からだのスケールを感じさせませんでした。
マキューシオのちょっとコミカルな動き、でも殺される場面での迫真の演技は際立っていて、まさに釘付け。

外国人初のボリショイ劇場のソリスト。
強い意志とモチベーションの維持がないとやっていけないとは思うんですが。
私は岩田さんのブログがすきです。
ほんわりと素朴なことばですが、人柄を感じてすきなんです。同時に胸があたたかくなるような勇気をもらいます。
易しいことばで魅了する。それは複雑な慣用句や、作り込んだ言い回しを使うよりも難しいことで、個人の根底にある魅力と素養がないとできないことだと思います。
「怠けてしまってダメだね」「がんばった!」「踊りたい!」って、マイナスなところもプラスなところも隠さないのは、全身全霊だから。何よりも自分に対して臆することないからじゃないのかな。

岩田さんがステージに登場するたびに、こぶしをぎゅっと握るようなかんじでした。笑。
でも想像どおり、そして期待以上に素敵でした。ほんとうに素敵でした!


バレエに関して云えば、
衣装の色づかい、音楽と演舞の表現、バレエが総合芸術と云われる意味が「そうか、そうなのか!」と観ながら体感するところが大きかったです。
今まで、ロミオとジュリエットは楽曲単体でしか聴いていませんでした。バレエ音楽はオーケストラで聴くほうが私にとってはメジャーだったんです。
弟2幕 騎士たちの踊りで、あの旋律がこんなふうに演じられるんだ!って思いました。かっこいい!って。

もちろん、ニーナ・アナニアシヴィリのジュリエットは可憐で、美しかった!
日本はニーナのファンが多いと聞くけど、ほんとうに愛されているんだなって思いました。
でも愛されている理由は、ニーナのあたたかさ、それが会場を包んでいるだって感じる公演でした。


なんだか悠々と心が膨らむようでした。
美しいものを見なければいけないね。

会場を出ると、水分が多い春の宵の空気。
桜が咲いていないのがちょっとおかしいような暖かさで。
目の前が上野駅だというのに、気持ちが駆けて収まらないので御徒町駅まで歩きました!無駄パワー。

共通テーマ:日記・雑感

" SPOT " [日々]

モノづくりのことがよくわからなくなるときがあって。
自分の器官のどこかが動いていないようで、ここが動かないと芯からは何もできないのといっしょだし、おもしろみがない。
手順やセオリーや約束、禁止項。それは経験上いくらか知ってる。でもぜんぶ机上のこと。
手を動かしても結局、自分の知っている「たのしさ」を追憶しているだけの作業のように思えて、ぼんやりとしていました。
そうなってしまった理由もなんとなくわかっていました。心が揺れないように、そう努めてきたからです。


NHKの「笑劇開演 小林賢太郎テレビ」という番組の放映を、分析や評価のための目ではなく、おもしろさに対しての直情的な目で観ました。
心が動いた感触が、随分久しぶりだけど確実に知っているもので、灯りが点ったような気持ちでした。
つくることの楽しさを、見せてくれた。

自分を駆りたてる鍵。
小林さんを観たとき、空が青いことなんか知っていると、家の中で眠っていたら、新しい空が墜ちて来たような心持ちだったんです。

いつか、目の前で観たいと、思っていました。



2月19日。小林賢太郎さんの公演を観に、横浜BLITZいってきました。

この公演で、ナマの小林賢太郎さんを観るのは初めてだったけど『敬愛するひとを見る』ってこんなかんじだったかも、って思いました。
ステージにあがった姿を観て胸がぎゅっとなりました。

華美ではないけど、上質で上等なからくり箱みたいでした。
この空間のなかでFIXする。ここだけの世界。
それは私がとてもすきなものでした。

最後のセリフが綺麗で、涙が出ました。
泣かせるセリフで泣くのは、自分でも合点がいくんだけど、
自分がどうして泣くのかわからない時は、その感覚を覚えておこうと思います。
作品として、お話として、映像として、計算された意匠で、震えたんだろうと思います。



つくるちからを信じる。
意匠のちからを信じる。
計算をするのも、企むのも、かたちをつくるのも、魔法をかけるのも、
根源は人間の衝動、心の色彩の豊かさだと思うんです。

自分の心が弾まなければ動かないのもよくわかる。
自分の感受性も整形できない脆いこどものままではいたくないし、ひとが云う言葉に「そんなことはわかってる」って返す大人にはなりたくない。
だけど、やわらかい状態でいたいです。

共通テーマ:日記・雑感

飴とガムと鞭。 [日々]

TSUTAYAに返却した後に「レンタルバッグに飴とガムが入ったままですよ」って連絡きた…orz
「次にお見えになるまでお預かりしておきますね」って…o...rz

海に捨ててーーーー

よりによって飴とガム…っていうかたぶん駄菓子…おそらく「超・怖い話ガム」…
ほんとに海に捨ててほしい。


今年も竜宮城に行っていました!1月の音沙汰がない!うわああ。
昨年の二の舞にはなりたくないです…。


Web屋の友人と話していて、「数年前と比べて、現在の個人サイトの意味ってなんだろう?」って話になりました。
(ここで云っているのは私のような個人も個人、超私的なサイトのことです。)

いまはWeb上でなにかやろうとしたとき、自分でhtmlとかxhtmlとかCSSとかCGIなんて知らなくてもなんとかなる。
blogやらSNSやら画像共有やらサービスが充実してるから。
中身を入れるための「器」はかなりのクォリティのものが用意されてる。
ぶっちゃけblogをポータルにして、外部にリンクをはったほうが効率がよかったりする。

個人サイトを持つことのメリットてなんだろう?
ドメイン取得して、サイト構造つくって、コンテンツをつくって…自分でWebサイトを「立ち上げる」。
名前どおり「ホーム」を持つことなんでしょか?

そういうのって今では「美徳」「美学」に近いものがあって。
スマートなのかそうでないのかって云ったら、おそらく違う。現在の提供可能なサービスの豊富さから云ったら、効率は悪いです。


「もっと早く、もっと速く、」と思っている。
Webはスピードがないと意味がない。
でもそれは「人間的なスピードなの?」って疑問に思うときもある。
利便だけを追求し続けているけど、果たしてそれは人間に見合った速度なのか。わからない。
私はそろそろ息があがってきている気がするんだけど。
コンピュータの処理速度は、この先もっとあがると思う。
でも、日常の速度ってそんなに速かったっけ?
昔はもっと時間をかけてやってきたことを、半分以下の時間でこなす。
空いた時間で、なにがしたいんだっけ?

私が前時代的で保守的なのかも。


ああ、話がそれたけど。

個人サイト(を構築すること)のメリット。
SNSやpixivのようなコミュニケーションサービスは間借りに近い。blogは筆記具だと思ってます。
個人サイトは私の感覚では、自分で確保した「領域」です。
この領域で建てる。「家」というより…「基地」や「城」に近いような。
それはやっぱり、いまとなっては美学に近い気がする。
良いも悪いもない。


あっ。
また話がまわりくどくなったけど、
というよりも前フリでぜんぜん話の主体が掴めてないけど、

うちの本陣はサムネイルギャラリーにして、pixivに移行してもいいのかも?

って思ってるところです。
IDはかなり前から取得してるんですが。使えてない。
サイトとの住み分けが必要だろうなとは思ってる。

共通テーマ:日記・雑感

ねっとで散歩。 [日々]

いんたーねっと徘徊って、一度おもしろいとこにひっかかると芋づる式におもしろいよね。
地獄の釜が開いた。みたいな。(ちょっと違うね。


以前からすきなのが「デイリーポータルZ」のべつやくれいさんの記事。
木曜日担当です。
(このサイトのインターフェイスが微妙に使いにくいんだけど・・・記者別で読めないのかなあ・・・)

自分でもこれがやってみたい。↓

「養命酒でケーキをつくる」
http://portal.nifty.com/2009/06/04/a/



これ見てから養命酒のサイトに行った。
「養命酒の小瓶ってないの?」って目的で。

養命酒、過去に飲んでいた時期があったんですが、
頓挫しました。

理由は

「家呑みをしない」

からです。

周辺には酒呑みみたいに云われてますが、自宅で飲みません。
あと、アルコール摂取すると胃が熱くて眠れません。

かような理由からもう養命酒のお世話になってないので、

ケーキのために大瓶一本買うのはつらいです。


ポケットウィスキーみたいな養命酒ないのかな・・・
ナイスミドルが、トレンチのポケットからスっと養命酒の小瓶を取り出してクっと煽ってニヒルに微笑む。
、みたいなのがあってもいいと思わない?

からだにいいよ!



そんなこととは別件で、昨日Webっていいなあって思うねっと徘徊ができたので嬉しかった。
ああいう胸が躍るような窓越しの景色を、忘れてたような気がする。
情報と記号とプログラムの羅列ではなくて、
もっと感覚的な部分。

いまはそれが、できるんだから。

共通テーマ:日記・雑感

後手後手でなにがなんだか。 [日々]

ANNA SUIのパープルすきです。
ANNA SUIのネイルカラーは固まらなくてイイ。
いいにおい。

しかし濃いめの寒色系のネイルは、食事がまずく見える。笑。
うっかりネイビーな爪のときに、ちょっとびっくりして笑った。
他人がつけているのは気にならないんですが、
食事中の自分の手元(いただきますヴュウ。)においしそうじゃない色がものを食わんとしているのが、すごくまずそうに見える。

配色ってだいじです。



そんなこと云いながらディープパープルなかんじだけどいいのかい?

夜だし二次会だし、服が紫系だしいっかな~と。

明日、同期が結婚します。

新郎新婦が新郎新婦なら、メンツがメンツなので楽しい宴になりそうです。



なんてことを明日に控えながら、頼まれ物のファイルを送信。

主観というものはフィルターがかかっていて、双方から別々に話を聞くと食い違うものが多々あります。
間に立つ、ということはその差分を平均化、より精査することだと思います。
どっち側に立つというものでもない。なおかつどっち側にも立つ。
人間ならではの関係性だと感じます。

ただ、なんていうか「中間」っていうのは情報量が多いかわりにノイズも多いんです。

そこに揺れる。
私は演算機ではない。

コウモリになりたいのではなくて、他人と自分とが関係しているレイヤが一枚ではないからでしょう。

対ひとりの人間に対してさえ、

あるときは、友人で、
あるときは仕事つながりで、
あるときは、敬愛していたりする。

ただ好ましく感じたり、
嫉妬したり、
億劫になったりする。

そして一個人として繋がっていたいというところに帰結します。

ただそれだけのことなのに、自分の胸のなかで反復するロスが多いこと多いこと。



独白で発言し続ける自分は、自分のフィロソフィそのもの。
それが鬱陶しいときもある。少しは黙っててほしい。



私は大いなる八方美人ですが、多大なるめんどくさがりです。





そして大極宮リーディングカンパニー Vol.8に、明日の二次会がきれいにバッティングしている。

チケットとったの誰?



私?



ですよね~




ほんとすいません。

共通テーマ:日記・雑感

なんだかなーって口癖なのか…? [日々]

メインPCをWindowsにしようか否かというところ。
MacでもWindows OSは動かせるけどそれもなんだかなー。



このぶろぐの左カラムについったー入れてみました。
PCでしか見えないですが…。


有意義なことは云わないと思います。


ついったーやってるよーって方はフォロー(リムーブも)お気軽に~
” 小林h ”で。

twitter公式
http://twitter.com/


このラフさは時代の流れだなーと思ったりして。
とりあえず使ってみたいので一枚噛んでみました的な。


webは閉じ加減と開き加減が難しいな、と感じます。
自分の気質によるところもあるんでしょうけど。

自分はクローズ型です。

しかし言葉が多い。

でもいちいちその質量の言葉をまとめていたら、気持ちの動く速度に追いつかない。
以前の自分には、それをひとつのターンとしてまとめてアウトプットするなにか…(ヒマだったのかなー)があったけど、
いまはもう、それができない。
そこまで感情のテンションが維持できないというか。

あ、もう、云わなくてもいいな。ってなる。
自己完結に磨きがかかってきた。笑。

このぶろぐもblogと云えないありさまですが、一件書くのがものすごい遅いです実は。
内容なくても、書いてから2/3デリートとか、してるんです。

アップすればいいのに、と思うけど




心情まで説明できていないようなものは、別に、自分が書かなくてもいいんじゃないか、




ってとこに着地点がくるあたり、自分はすごくblog向きじゃないと思います!すごく!

手紙のようになってしまいます。
私は、そういう文章の書き方しかできません。




そんな自分なので、日ごろあんまり意識しないですが、
若い世代の言の端、簡潔に落とし込む言葉のセンスは、すごいなって思います。
良し悪しは別に。

できないんだよなー。あれ。

過去の(先代とか先先代のサイトの)日記を思い返してみると、えらい長いんですよね。
あの頃ブログがあればよかったのかな。


でも逆に「あ、もう別に云わなくてもいい」って、取り下げてしまう言葉が多くなってきたってのも感じました。
そんな自分もなんだかやだな、と思うので。

ついったー。鳥。鳥かわいい。

これは携帯電話で操作できるし、制限140文字なので。どうでしょう。
新しいツールはどうなんでしょう。


熱いうちに打つのもいいんじゃないかと。

共通テーマ:日記・雑感

困。 [日々]

Image203.jpg現在PC環境移行中で、メールや各ツールのメッセージ受信が点在してしまっている状況です。
本陣サイトのほうでメッセージくださったかたへ返信が遅れています。恐縮です。
必ず返信はさせていただきます。ありがとうございます…!

-----

さて、
早くも「忘年会」の単語が出る時期になりました。

え、もう?

でもスケジューリングとしては、もう出てきてもおかしくない…。

困りました。


どうでもいいんですが、すごく太りました。
実はそのことに気づきながらもおそろしくて体重計に乗らずにいましたが、
去年の冬に買った服とブーツを着用してみたら軽く凹みました。

困りました。


3号とか…。
ちょっともう危なくて着られません。
まだコートに袖を通してないけど…危険だろうなあと予想。


いや、

着る。

着ないと。

英語でしゃべらナイト。


というわけで、
太ったら太ったで去年の服が着られないし、
未来的に痩せるなら痩せるでいまのサイズで服が買えないし、

困りました。

共通テーマ:日記・雑感

10月は楽しいお酒。 [日々]

Image215.jpg横浜オクトーバーフェスト2009に行ってまいりました。

オクトーバーフェストとは。
もやしもん8巻でも紹介されたドイツのビール祭です。
それを横浜赤レンガ倉庫でやりましょうという趣旨の。

たいへん陽気で楽しいお祭でした。



私が馬車道から赤レンガ倉庫に到着したのが16時20分。(20分遅れ。)
その時点で集合率3/8。
光画部時間で動いてます。さすがでした。

まだ陽も落ちきらんと、すでに会場は満々。
みんなビール片手に酔い酔いで。
なかなかの熱気。


ビールは30種くらいあったのかな?
途中から酔っ払ってビールの名前とか覚えてません。
なんか美味しいのをたくさん呑みました。

去年も参加したという友人らが「準備万端だね。(→防水スウェット)」などと話しているのを聞いて、初めて参加する私はそれらの意味がわからなくて「???」となってましたが。

19時になったら謎が解けた。

一日に数度のタイムテーブルで、ドイツの楽団のステージがあるんですが、それが熱い。
音楽に合わせて会場全員で踊り、乾杯の歌を合唱しては「prost!!」と杯を合わせる。
老若男女いりみだれです。
肩車の幼子から、ノリノリのおじいちゃんまで。

アインス、ツヴァイ、ドライ、ズッファ、

ぷろーすとー!!

って、ジョッキやらグラスやらが頭上で何度もガッコンガッコン乾杯されるわけです。
まあ皆さんいいかんじに酔ってますから、
勢い余ってというか、ビールが飛沫になって降ってくる。
黒ビールが。笑。
友人の1リットルジョッキの破壊力がすごくて、知らないお姉さんのグラス、割れた。笑。

でも厭な顔するひとなんていなくて、笑ってまた踊り、歌を唄い、乾杯する。


私自身、悪酔いする人間が大嫌いで、持久力で酒を呑むようなのってドンびきで酔いが覚めるタイプなんですが。

こんなにアルコールが大量に消費されているにもかかわらず、危険な雰囲気はなく、むしろアットホームで終始陽気にあっけらかんとしていました。

みんな楽しそうで。
笑顔~でした。

日本人も意外にフランクだなあ、と。

やっぱ美味しいものと音楽とお祭って、世界中共通で楽しくなっちゃうんだなーと思いました。


テントのライトに、掲げた幾つものグラスが鼈甲色に輝いて、
なんだか夢のようだったんですが、

いい画が撮れる~と思った肝心な時に私はケータイを席に忘れてきた。

なんのための防水ケータイなんだ。
ビールがかかってもいいようにじゃないか。


ステージが終わってテントを抜けたら暑い暑い。
服が黒ビールのシミでまだら牛模様で、とんだ浮かれぽんちでした。

楽しいなー。


帰り際、どこかの嫁が(←見ず知らず。)
「誕生日なんです!祝ってください!」
と云うので(その旦那を)歌で祝った。
「え、なんで?」と思いつつとりあえず唄いだす機動力がすごい。酒、すごい。

旦那が担いでいたこどもが可愛かったです。
なんかオクトーバーフェストってすごい威力だなと思いました。


今月18日まで赤レンガ倉庫でやってます。

成年の皆さん、コーラで酔えるという未成年の方も、prost!!しにぜひ横浜へ。



共通テーマ:日記・雑感

鯛やヒラメの踊り食い状態。 [日々]

え?前回の記事が年明け?
いまなに?9月?

宮城に行ってました。



思い出したようにブログをさわってみます。


いろいろあって(って便利な言葉です。)
なかなかモノヅクリに向き合うことができなかった自分です。


しんどい。
これに尽きる。
これ、楽しいんだろうか、って思う。やってて思う。

自信がなくて、スキルも稚拙で未熟だからこそ推敲推敲推敲。
できなさ加減に緊張しながらずっと集中して腸が痛い。
食欲が消える
ずっとコーヒー

逆に云うと没頭するぶん他の欲がなくなるんだと。(プラスに解釈。)



でも確実に快楽であると思う。
自分でつくったものが眼前に現れるとき、そのときだけは、焦燥のない心になる。
誰とも比較しない透明な景色です。
どんなにまずかろうと反省点はあろうと、やらずに燻って遠くだけを見ている胸の重さよりは、
具体的な質量を持って心が充ちる。
それを快楽だと定義づけるのは、違うのかもしれないけど。



幸いなことに、声がかかって走ってみました。(絵仕事ではない方面。)
顔合わせが半年前だったような…。この1ヶ月で一気に追いこみでした。
ヒアリングからFIXまで(ちなみにいまFIX寸前。待機。)一連の作業に携わっていくと、
やっぱりクライアントがいるとどうにもこうにも責任と意地とええかっこしい性格がでてくるので
なにかひとつものができてくる。

誰の心のなかにも必ずイマジネーションはあります。
それは豊かな心。そのひとが持つ世界です。
でもそれを自分の表現したい形態でアウトプットできない場合もある。
私の役目はそれを具現化することです。
アートではない。


与えられる快楽や娯楽は、楽しいに決まってる。
それは楽に決まってる。
それで心から満足できたなら、それですべてだと思えたなら、こんな小賢しい澱など知らずに笑えるのにと思います。



とりあえず寝ます。
髪を切りにいきたいんです。

共通テーマ:日記・雑感

6秒前 [日々]

Image862.jpgカウントダウン6から一気に年明け。

そして新年早々、鯛焼き器か今川焼き器がほしい!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。