So-net無料ブログ作成

バイバイ2008年。 [日々]

Image860.jpgぼやぼやしてるとすぐに後ろに遠ざかってしまう景色。


土地勘がない場所でのいちばんの頼り処。それはタクシー。

どの車に乗ってもすごく親切にしていただきました。
好感度あがりました。


悔いがないと云えば嘘になるけど、悔いがない人生なんてないんじゃないかと思う。

思い通りにいくことのほうが確実に少ないんだもの。

なにができたか、を数えて。カウントダウン。

ゼロになったらイチ!

頭のなかは密室。 [日々]

「もやしもんの最新刊買っていくけど、特装版と通常版どっちがいい?」
とメールが来たので、「蛍!」と答えました。

Image848.jpgnanoブロックオリゼー!

むずかしかった・・・。

そしてどうやら一箇所間違えてる。
菌糸の部分を最後に組んだら、ブロックがふたつ足らない。間違えた部分はだいたいわかるけど(あやふやで進めた箇所。)やり直すには頭を半分割らないといけない。

ごまかして「できたー!」と云うことにした。
バレなかった。

漫画読まずに1時間くらいブロック組んでました。

上野の科博にも行きたいなー。




にしても、今日は集中力がなかった。
技術的に上手くできないにしても、集中してないときのミスは「ほ、ん、と、う、にダメだ!」って思う。ヘコむ。
不真面目なわけではなく、集中力が途切れるときは、どうやってもダメね。

まわりの音が聞こえなくなるほどののめりこみかたは、集中とはいわない。熱中。
これは私、よくやる。
興味を示して、ひとつのことに焦点をあてると、ふたつみっつ以上を抹消してしまう。
とくに「音」は、スイッチのオン/オフが顕著だな、と思います。

「集中」は。
オーケストラのチューニングに似てる。
チューナーのひとつの楽器の音から、各パート、各セクション、そして全体へとピッチが合っていくのに似てる。

音量は膨らんで、音色の違った楽器が重なっていくけど、すごく静か。
透明になるような、澄んでいくようなかんじ。

ピッチが合っていると、フォルテッシモでも、静か。

これはだいじなこと。
自分の感覚として、気をつけていなければならないこと。

変拍子。・・・1・・・1・・・・・3! [日々]

年内のジョブステータスがほぼ「実行待ち」になりました。

駆け抜けるぞ。
2008年振り切るぞ。
置いてっちゃうぞー。



鋼殻のレギオスがアニメ化。

ってとこに向かって、私のここ数年のフラグが集束する・・・シナリオらしい。

そうだったのか!?

レギオスは・・・OP&EDの楽曲が、小林いちばんの注目。

とくにED。

謎すぎて。

でもベース、イチ押しですから。


で。
このバンド、どう動いていくのかなあ・・・、
っていうかそもそもプロモーションをかけるのかどうか、

なあ?

って。首を傾げてます。



なんとなくやりすごしているけど、まずケータイ直したほうがいい気がする・・・。
メール文中の誤記・・・やらかし始めました。
だって液晶の15%が「ニュアンス読解」なんだもの。
「てにをは」はまだいいんだけど、時間と日付を間違えるのはいかんですよな。

文字設定を「最小(デフォルト)⇔大」で行き来しながらメール読むようになりました。

遠近両用眼鏡みたいに。


サンタさん。欲しいのは「クリアなフォント」です。

ヒュードロ。 [日々]

Image055.jpg宴怪でした。

吉祥寺にあります、居酒屋「遊麗」。

コンセプトは、墓場。
渋谷系、アキバ系ときて、今や墓場系です。山手線内を越えた。


キリシタン、大正、昭和、宇宙、メイド、執事などなど。
私、こういう企画が前のめりな店が大好きで。
ヤラレタナー感があります。
それにも増して「よく事業にするまでに決断したな」と。

英断。
俺ニーズは皆ニーズ。



暗くてよく見えない。

これがいちばんのポイント。
インパクトはあるけど、あんまりディティールを覚えてない。
もっと云えば、なにを食べているのかよくわからない。
ブラックライトで鰹ダシのおつゆが抹茶色に見える。

そんな世界。

見えそうで見えない・・・てゆか見えない。


念写とか、流行ったらいいと思います。
「僕が念写した月の裏側。」とか、夏休みの自由研究で提出すればいいと思います。


スペアリブがおすすめです。派手に行きます。
ロシアンナニカ(あれはなんだったんだろう・・・揚げちくわ?)は、場の空気的にみごと私が当たりました。
大団円。

へたなメイドカフェよりは学祭っぽくなくて(暗いからですか?)楽しかった、とウルフ(5?歳)からのコメント。

ですが。あなたがいちばん素人離れしています、とずっと思っていました。

颯爽とダブルスーツ。

「黒い男だ!」と思いました。
「消される!」と。



南無ソーリー。(チーン。)

「そう云われましても仕様ですから。」(!) [日々]

Image072.jpg自習の日。

於、図書館。
ネットで蔵書の検索かけてから行けばよかったのかもしれない。
目当ての本が見つけられず。

税金…の数字を思い起こしてやめました。
市区町村によって公共施設や福祉保険のサービスに違いがあること…は、住んでしまうと実はあまりよく知らない。

でも新設した図書館(分室)なので、きれい。
図書館はすきです。

「こんなにたくさんの書物が、いま、ここにあるというのに、これは私のものではない!」っていう緊張感が、図書館はいいのだと思います。

書棚が整然と並んでいる景色を見ていると、

ほらね。この本の数、それ以上にたくさん、自分の識らないことがある。

そう思います。
途方に暮れるなあ、と思いつつ、心のどこかが静かになります。
未だ知らない、という焦燥。
未だ知らないでいる、という安堵。
少し愚かな気持ちだと思いますが、たぶん、人としては正直だと思います。



太くなった。
確実に。決定的に。

某店の服を試着していて「これは間違いない」(脳内CV:児玉清)と思った。

筋トレしてるんですが。
堅太りするタイプだった。そうだった。

できる、筋肉。残る、脂肪。
ニバイニバイ!

タートルネックの半袖ニット(黒)はしばらくやめよう。
このコントラストと視線誘導は…人間工学的に危険だと判断。

新宿は宵闇のなかで。 [日々]

Image057.jpg3分で決断せよ、
という本の見出しを見ました。

3分クッキングもままならない私には相当酷な内容だと思いました。

寝る間際の3分で、
寝付きの悪い私の、この無駄な時間で、

ぶろぐを書いてみようじゃないか、

という有効利用。




ありがとう、コマ。

新宿コマ劇場がなくなるなんて、思いもしなかった。
でもここ数年を振り返ってみても、クローズした老舗のハコがいくつもある。
「閉じる」ということ、それ自体より、それを決断した瞬間こそ、それを答えとする思いこそが、大きいんだと思います。


コマが閉じると聞いてはいたけど、まさかこんなに早いとは思わなくて撮りました。
実際に用があったのは、その脇、ロフトプラスワンです。

妖・怪談義 16夜でした。
オールナイト。

自分、まだまだ薄いな・・・と思いました。
ペラッペラだな、と。

だってキャラ立ってないもの。


内容というか空気が濃くて、時間というより時空を超えた気がした。遥かなる。

若い頃の「疲労」は、疲れが元気を打ち負かすようなやり方で、潔ささえ感じましたが、
最近は「疲労」もよくやったもので、

疲れが元気を騙している。

元気は、元気なんだと騙されながら、おだてられながら元気なのです。
疲れはそれをニヤニヤしながら見ている。
そうして疲れは、最後の最後に足払いで一本勝ちをする。

そのように思えてなりません。


オールナイトとか、その時点ではすごく元気。
眠くもならないし、けっこう平気。

まだまだ行けそう、

と思いますが、それはそれ。
私も騙されてばかりではいけませんから、

オートセーブモード。

お開き、するわけです。



花園神社に行きたかった。
酉の市。

キラッ-☆ [日々]

Image069.jpg違う、違う、そうじゃなーいー、

使いまわしじゃないんです。

今シーズン2回目のTDL!
そして久々でしたTDS!
つまりTDR2デイズ!


・・・涙なしには語れない・・・!


何ががあったのかどうかは別途。
とりあえず幹事はたいへんだよぬ、と。


「必要以上に浮かれてるネ!」

って、云われる前に自分で云ってしまう自分がとても小心者だと思います。

でも、

最後の、

夜だからー。



マーメイドラグーンシアターって、何度観ても泣いてしまうんです。
これと「耳をすませば」で泣けなくなったら「俺思春期」は終焉すると思います。

ずっと涙が枯れなければいい。

せばすてぁぅぇぁお



ああ、これはぶろぐに書いておかねばな。
と思うたびに「後でまとめよう。」ってのが積もり積もって、ひとつの記事が長すぎるという悪循環。

おまえはブロガーなんて一生なれないだろう。

リアルタイムってなんだ。

時系列、どんどん壊れてます。




えー。さて。直近の散財。
ニュゥシューズ。
ダンスシューズです。
ラテン用はすんなり決まったんですけど、スタンダード用がなかなか決められず。

「若いんだから高めのヒールがいいのよ」
「足の指全部で床を掴める靴を選びなさい」

どんどん出て来るシューズを履いてはウォーク、脱いでは履いてウォーク。

・・・わからなくなってきました。
「どんどん履き潰して、また来くればいいんだよー」と店の御主人。

はい。

靴は、ダンスシューズじゃなくてもほんとうに難しい。
革靴も、休ませながらしばらく履いて足の形にあうまでが。(ずっと合わないのもありますが・・・)
「歩けない靴は靴じゃない」と思う。(ピンヒールとかエスコートを必要とするような靴はまぁ・・・別として・・・)



年末に向けて一芸を習得しようかな。
星間飛行とタッキー&翼の完フリコピーとか、やったら。
・・・・・・なんの役に立つっていうんですかね・・・。


前を向いて行きましょう。
せめて、前だと思える方向に向かって行こう。

まだまだ師走は終わんない。

カーディガン部。 [日々]

忘れてた。

今年、免許更新だった。

私の免許証にもようやくICチップが入りました。硬くなりました。

そして、ハイ、今回も写真変。
ま~た5年~
サヨーナラー。



Image054.jpgディズニーランド。もうクリスマスらしい。
小林はディズニーランドなんて行くの?って云われるんですが。
大好きです。
キラキラしてた。誰と行っても愛おしくなります。それが魔法。
25周年、おめでとう。ありがとう。



Image048.jpgラフォーレ原宿。もうクリスマスみたいです。
待ち合わせで、この銀杏の樹の下でボケーとしてたらまた「アンケートにご協力を」が来た。
前回は渋谷で「ラジオドラマの起業にあたって」だった。
ボケーとしてるから声がかかるのか。てゆかいつも待たされているからボケーとしているのか。
ヤバくなさそうなかぎり対応します。暇だったので。
今回は「香水の開発にあたって、サンプル5種類の匂いの感想をお願いします」でした。
好き勝手なことをつらつらと云いました。
これ…開発の参考になるのかな…。
自分、感覚とか嗜好がしばしばビミョウだということは自覚してるので、こういうのに捕まると「いいのかな…」と思います。


髪を切りに。
店長がいなかったのでニューフェイスさんによろしくしていただきました。
かわいい美容師さんでした。

若い男の子がカーディガンを着ているのがすきです。
男子カーディガン部を発足したいくらいです。

ほんで細腰にシザーケースとか。

これ職業柄の特権ですよねですよねですよね。

作業の合間に軽く咳き込んでいたので「風邪ですか?」と訊いたら「ぜんそくです。」と。
「…小さいころから病弱なんです」
と、はにかんだ。

ハニカンダ。

カーディガン部に入部してください。


来月にカラー入れようと思ってます。と告げたら「僕、来月半ばならこの日に入りますから」
あ、そうですか。
あ、決まっちゃった。

いつも髪を切るとき、どうしようか悩む。一応悩む。
できあがったときに、あーまた間違えた…?と思う。

なんか方向性間違えてる気がする!
自分の容姿をどこに向かって投げていいかわからない現在。


そんな私におすすめされました、

Foals

生っぽいテクノ?ピコってるパンク?
すきだよこういうの!
ちょっと聴き進めてみましょう。

おまけでミュンヘン・ソーセージ・オールスターズも「どう?」って云われました。逆逆輸入?
バカだね!すきだね!でも買わないね!笑。
日本のミュージシャンの英詞の発音がどうとかレビューにあがったりするけど、ミュンヘンS・A聴いてると…ほんと…発音とかどーでもいいんだなって…。
俺スタイル!で押していけばいいんだなって。ロックとかパンクってそれでいいよね。

そんななかでGRANRODEOを聴きながらこれ打っている。なんだこの裏腹さ。
これは…
これは…
なんというか、誰か私と語り合っていただきたい。とくにV界隈の方々。

…、…っていう、シンコペーション。 [日々]

Image037.jpgオンリーイベントでした。
なんで出かけるのにこんなに時間がかかるんだろう自分。
会場滞在時間10分・・・

・・・浅草観光の日でした。


浅草寺のおみくじは凶がでる確率が高くて有名です。
今年の初詣もここへ来たんですが、3人中2人が凶でした。

お参りして、おみくじひいたら。凶。
容赦ない。

書いてあることも「悪いでしょう、来ないでしょう、難しいでしょう」って・・・なにか・・・フォローくださいよ・・・
なんだか身につまされることが書いてあったので、写メって覚えておこうとしたら、「やめとけ遺るよ!」と云われました。そっかぁ。


Image042.jpg仲見世で、お誕生日にすきなもん買うたるで、って云われたので「これ!」
かわいいなー。ぷくぷく鯛。
ありがとう。たいじにするね。

-----

「こんなことやってみてーなーって云ってみるだけ」ごっこ。
それは企画力。のみ。の遊び。
ただの雑談なんですが。すごい、ユメ、ヒロガル。

今回は「ムード歌謡のバックバンドやりたい。」
唐突に。

「それはビッグバンドじゃないの?」

と訊かれましたが、
バンドじゃなくて、バックがやりたい。あくまで主体は真ん中にいるやつね!
そんでムード歌謡ね!ミラーボール!

「なまえはなんにするの?」

「綾瀬ミキヒコ(バンマスの名前:仮名)とトワイライトロマンス」…みたいな?
ソロはいらないの。楽器のメロいらないし。伴奏一筋。ベースもスラップとかいらないし。
そういうのを20代~30代くらいのひと達で組みたいんだよー。

「もちろんそれはみんな蝶ネクタイなんでしょ?」

そうそう。


…すごい投げっぱなし話題ですが、突っ込んでくれるのはありがたいのです。
そもそもなんでそんな話になったかって、「中音域っていいよね」

ユーフォニアムやテナーサックスのオブリガードとか、おいしいトコだよねって云ったら、

「やっとわかってきたか」と。にやにやされました。

私は高音域の1stをやることが多かったので。
高音域の楽器だと、否がおうにも主旋律や、トリルなどの装飾パートをやることになってしまうだけで。
それは華々しいかもしれないけど、逆に中音域や低音域のパートの厚さや、醍醐味を、感じる。

低音が骨なら、中音は筋肉、高音は化粧。
この肉と骨をやりたい。ムード歌謡で!おいいしいとこどりじゃないか!「お約束フレーズ」とか、やりたいんだよ!

ユメ、ヒロガル。

ヒロガルだけ。


、というわけで「これでも聴いとけ。ムード歌謡じゃないけど。」と渡されたのが、

■Squeezin' & Blowin' / 吾妻光良 & The Swinging Boppers


1曲目からいきなり、やっぱり肉食おう、って始まった。
嗚呼~。方向性はちょと違うけど意気込みはいいね。
「あーーーーキタ!これね!(笑)」ってかんじが。バックバンドの楽しいところが。

うん、そういうかんじ。

クロール・イン・ザ・ブルー [日々]

昨年の冬、ジーンズのインチをひとつ下げました。
今年の春、「この夏は太る気が満々だ。」と云いました。
夏バテに臆して食っていたら正直に太りました。

インチを下げたジーンズ。恐ろしくて放置してたんですが、履いてみた。
履けた。
けど、屈むとウェストに肉が乗る。

「…これが2kgということか!」


Image034.jpg新兵器導にゅー。
これはなんていう名前なんだろう?
水掻き。アクアウォーキングに使います。

プールに行く時は、アクアウォーキング90分の合間にすきなだけクロールを入れる。というのが基本メニュー。
クロールがすきなのです。

綺麗な泳法だと思います。

大柄の男性がぐいぐい泳ぐ様は、筋肉が水を裂いて行くようで、そんなクロールも凄いな、と思うんですが、
私がすきなのは、静かなクロール。

エルボウから上へ、
てのひらの入水角度30°、
肩から伸ばす、
ゆっくり、
ゆっくり、

そこへ集中しながら泳ぐ。
泳進力は脚から、上半身の動作は丁寧に。
腕が着水するとき、飛沫があがらないのが自分の理想です。


運動している時というのは、頭の中はモノローグを吐き散らかしていたりする。

明日のTo Do。
まとまらない思考。
何度も繰り返す言葉。
歌だったり。
謝罪だったり。

空が落ちてくる、と思うほどに青かった。


グローブといっしょに写っている緑のキューピーちゃんは、同じチームを組んでいた派遣社員の方がくれたものです。
小林さんが、すきそうだから。と、お菓子と添えて渡してくれた。
私がリーダーになって、ヘドロのようになっていたときのことです。

ひとまわりも歳の違うその方から見れば私は、ヒヨっこが、安定しない新体制の渦中で、ミーティングに出るたびにボッコボコにへこんで帰ってくる。見かねたんだと思います。

ありがたかったです。
与えてくれたやさしさに、返す術がない時、なんて自分は貧しい、と思います。
その術を幾つも持ち得る。それが豊かさ、大人になることだと思います。
慎ましいやさしさに折れてしまいそうで、ただ泣いてしまいたいと、その時思った私は、
幼稚だと思いました。


派遣社員と正社員。
この関係は、ナイーブなものだと思っています。
外資系の会社ならともかく、良くも悪くも日本の古くからの気質が染み付いた企業にとって、派遣社員や協力会社をどう使うのか、不器用で不親切な部分が大きい。
模索。過渡期。とでも云うつもりか。

派遣は駒なのか。

違うだろ、と思う。
有能な派遣さんを言葉で傷つけられたとき、
正社員として申し訳なく思う、それしか云えなくて、申し訳ないと頭を下げた。

「でも私にはなんの保険も保証もないの」

それを聞くたびに返す言葉がなかった。

金のためじゃない、
給金もらって働いてるけど、金のためだけじゃない。自分の生活削ってまでしてることが、金のためだけのはず、ないだろ。と。

どうすればもっと、

何回も何回も繰り返してる。

もっと頭がよかったら、
どうだっていうんだろう。

静かに泳ぐことに集中する。頭は勝手にヒートする。
目を開ければ一面にブルー。それがすきだから。泳ぐ。

青いなかを這い回る。
入水の角度は30°
でもそんなことを考えている間に、いつのまにか25mは終わってる。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。