So-net無料ブログ作成

ねっとで散歩。 [日々]

いんたーねっと徘徊って、一度おもしろいとこにひっかかると芋づる式におもしろいよね。
地獄の釜が開いた。みたいな。(ちょっと違うね。


以前からすきなのが「デイリーポータルZ」のべつやくれいさんの記事。
木曜日担当です。
(このサイトのインターフェイスが微妙に使いにくいんだけど・・・記者別で読めないのかなあ・・・)

自分でもこれがやってみたい。↓

「養命酒でケーキをつくる」
http://portal.nifty.com/2009/06/04/a/



これ見てから養命酒のサイトに行った。
「養命酒の小瓶ってないの?」って目的で。

養命酒、過去に飲んでいた時期があったんですが、
頓挫しました。

理由は

「家呑みをしない」

からです。

周辺には酒呑みみたいに云われてますが、自宅で飲みません。
あと、アルコール摂取すると胃が熱くて眠れません。

かような理由からもう養命酒のお世話になってないので、

ケーキのために大瓶一本買うのはつらいです。


ポケットウィスキーみたいな養命酒ないのかな・・・
ナイスミドルが、トレンチのポケットからスっと養命酒の小瓶を取り出してクっと煽ってニヒルに微笑む。
、みたいなのがあってもいいと思わない?

からだにいいよ!



そんなこととは別件で、昨日Webっていいなあって思うねっと徘徊ができたので嬉しかった。
ああいう胸が躍るような窓越しの景色を、忘れてたような気がする。
情報と記号とプログラムの羅列ではなくて、
もっと感覚的な部分。

いまはそれが、できるんだから。

後手後手でなにがなんだか。 [日々]

ANNA SUIのパープルすきです。
ANNA SUIのネイルカラーは固まらなくてイイ。
いいにおい。

しかし濃いめの寒色系のネイルは、食事がまずく見える。笑。
うっかりネイビーな爪のときに、ちょっとびっくりして笑った。
他人がつけているのは気にならないんですが、
食事中の自分の手元(いただきますヴュウ。)においしそうじゃない色がものを食わんとしているのが、すごくまずそうに見える。

配色ってだいじです。



そんなこと云いながらディープパープルなかんじだけどいいのかい?

夜だし二次会だし、服が紫系だしいっかな~と。

明日、同期が結婚します。

新郎新婦が新郎新婦なら、メンツがメンツなので楽しい宴になりそうです。



なんてことを明日に控えながら、頼まれ物のファイルを送信。

主観というものはフィルターがかかっていて、双方から別々に話を聞くと食い違うものが多々あります。
間に立つ、ということはその差分を平均化、より精査することだと思います。
どっち側に立つというものでもない。なおかつどっち側にも立つ。
人間ならではの関係性だと感じます。

ただ、なんていうか「中間」っていうのは情報量が多いかわりにノイズも多いんです。

そこに揺れる。
私は演算機ではない。

コウモリになりたいのではなくて、他人と自分とが関係しているレイヤが一枚ではないからでしょう。

対ひとりの人間に対してさえ、

あるときは、友人で、
あるときは仕事つながりで、
あるときは、敬愛していたりする。

ただ好ましく感じたり、
嫉妬したり、
億劫になったりする。

そして一個人として繋がっていたいというところに帰結します。

ただそれだけのことなのに、自分の胸のなかで反復するロスが多いこと多いこと。



独白で発言し続ける自分は、自分のフィロソフィそのもの。
それが鬱陶しいときもある。少しは黙っててほしい。



私は大いなる八方美人ですが、多大なるめんどくさがりです。





そして大極宮リーディングカンパニー Vol.8に、明日の二次会がきれいにバッティングしている。

チケットとったの誰?



私?



ですよね~




ほんとすいません。

UPDATE ( Nov. 4, 2009 )  [HELLO ENDEAVOUR]

■サイト全面リニューアル
■pict更新。 :「 Humming Birds」
-----

リニューアルでしか更新してないようなサイト。



ギャラリーをJavaScriptでスライドショー形式にしました。
ファイル管理の簡易化と、画を描いてからアップするまでの手数が極力少なくなればいいなと。
総ファイル数がかなり減りました。理想的。
もう少し細かいところ修正入れていきます。

それに伴いイラストの整理と、過去画をリサイズ&レイアウトやりなおし。
このサイズ前提で描いてないので、少々違和感が…。初出のレイアウトからカットした部分が多いです。

新しい画は、描きかけだったデータが出てきたので。
女の子描くのすきですねー。

作業机が片付くように、PCのなかも手が動かしやすいようにできたらいいですよね。

…いいですよね…

なかなか手がまわらないんですけどね。

----------

CD買う機会減ったなあ、と思います。iTunesでデータで買うようになりました。
原田知世さんのアルバム「 music & me 」聴きました。
「時をかける少女」の新録を聴きたかったんだけど、すごくいいです。
なんだろうこの…セツナサきらきら全開の歌詞。
この時代の歌謡曲の、幼いような擦れたようなかんじがすきです。
アレンジがまったく違うので原曲の面影はメロディラインくらいなんですけど。
「ノスタルジア」も、胸がいっぱいになるような曲。
あとバラ買いで「TE'N VA PAS」を。
フランス語は、メレンゲ菓子をついばんでいるような音ですよね。
「 r 」の発音が日本語はもちろん英語にもない音なので、あまり聞き慣れず、女性が唄うとお菓子を食べながら魔法の呪文を唱えているようで、とてもかわいいなと思います。
原田知世さんの声は心地よいです。いつまでも素敵なひとですね。

なんだかなーって口癖なのか…? [日々]

メインPCをWindowsにしようか否かというところ。
MacでもWindows OSは動かせるけどそれもなんだかなー。



このぶろぐの左カラムについったー入れてみました。
PCでしか見えないですが…。


有意義なことは云わないと思います。


ついったーやってるよーって方はフォロー(リムーブも)お気軽に~
” 小林h ”で。

twitter公式
http://twitter.com/


このラフさは時代の流れだなーと思ったりして。
とりあえず使ってみたいので一枚噛んでみました的な。


webは閉じ加減と開き加減が難しいな、と感じます。
自分の気質によるところもあるんでしょうけど。

自分はクローズ型です。

しかし言葉が多い。

でもいちいちその質量の言葉をまとめていたら、気持ちの動く速度に追いつかない。
以前の自分には、それをひとつのターンとしてまとめてアウトプットするなにか…(ヒマだったのかなー)があったけど、
いまはもう、それができない。
そこまで感情のテンションが維持できないというか。

あ、もう、云わなくてもいいな。ってなる。
自己完結に磨きがかかってきた。笑。

このぶろぐもblogと云えないありさまですが、一件書くのがものすごい遅いです実は。
内容なくても、書いてから2/3デリートとか、してるんです。

アップすればいいのに、と思うけど




心情まで説明できていないようなものは、別に、自分が書かなくてもいいんじゃないか、




ってとこに着地点がくるあたり、自分はすごくblog向きじゃないと思います!すごく!

手紙のようになってしまいます。
私は、そういう文章の書き方しかできません。




そんな自分なので、日ごろあんまり意識しないですが、
若い世代の言の端、簡潔に落とし込む言葉のセンスは、すごいなって思います。
良し悪しは別に。

できないんだよなー。あれ。

過去の(先代とか先先代のサイトの)日記を思い返してみると、えらい長いんですよね。
あの頃ブログがあればよかったのかな。


でも逆に「あ、もう別に云わなくてもいい」って、取り下げてしまう言葉が多くなってきたってのも感じました。
そんな自分もなんだかやだな、と思うので。

ついったー。鳥。鳥かわいい。

これは携帯電話で操作できるし、制限140文字なので。どうでしょう。
新しいツールはどうなんでしょう。


熱いうちに打つのもいいんじゃないかと。

困。 [日々]

Image203.jpg現在PC環境移行中で、メールや各ツールのメッセージ受信が点在してしまっている状況です。
本陣サイトのほうでメッセージくださったかたへ返信が遅れています。恐縮です。
必ず返信はさせていただきます。ありがとうございます…!

-----

さて、
早くも「忘年会」の単語が出る時期になりました。

え、もう?

でもスケジューリングとしては、もう出てきてもおかしくない…。

困りました。


どうでもいいんですが、すごく太りました。
実はそのことに気づきながらもおそろしくて体重計に乗らずにいましたが、
去年の冬に買った服とブーツを着用してみたら軽く凹みました。

困りました。


3号とか…。
ちょっともう危なくて着られません。
まだコートに袖を通してないけど…危険だろうなあと予想。


いや、

着る。

着ないと。

英語でしゃべらナイト。


というわけで、
太ったら太ったで去年の服が着られないし、
未来的に痩せるなら痩せるでいまのサイズで服が買えないし、

困りました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。